初心者ミニマリストの家作り

1000万円台だけど高性能な無駄の少ない家

土地選び

【ミニマリスト的思考】無駄が無い土地選び

投稿日:

家を建てるには何が必要か?

そう、土地です。

土地が無いと何も始まりません。

実家が地主とかで土地が有り余っているしー、な人はそんなに居ないはず。

なのでまずは土地の選び方についてお話します。

スポンサーリンク

建物の面積はどれぐらいが良いか。

これは家族との話し合いになると思います。

自分はミニマリストでも家族はそうでない可能性が高いので、しっかり話し合わないと喧嘩になります。

自分だけで決めないようにご注意ください、、、本当に、、、

80平米だと3LDK、100平米あれば4LDKの家を建てられると思います。

容積率と建ぺい率が重要

建物の大きさを大体決めたら、土地を探しましょう。

で、土地のチラシを見ると非常に高いですね、、、

関東圏でそれなりに大きな駅徒歩圏だと100平米で2000万円はするかと思います。

1平米あたり20万円、、、1月の給料ぐらいですかね、、、高いです。

そこで無駄な部分を無くすには建ぺい率、容積率を確認します。

建ぺい率とは

建ぺい率とは、敷地面積に対する建築面積の割合です

建物を真上から見たときの土地の割合になります。

大体1階部分の延床面積が一番大きくなると思うので1階の面積と考えてOKです。

容積率とは

容積率とは、敷地面積に対する延床面積の割合です。

こちらは1階と2階の延床面積を足した家全体の延床面積の割合です。

では【土地100平米 建ぺい率 60% 容積率 100%】に建てる場合の良い例、悪い例を考えてみます。

スポンサーリンク

無駄の無い良い例

1階60平米、2階40平米の合計100平米

この建て方では建ぺい率と容積率を最大限まで利用しています。

この土地の場合ではこれ以上大きな家は建てられないので無駄なく利用できます。

無駄がありまくる悪い例

1階30平米、2階30平米の合計60平米

こちらは建ぺい率30%、容積率60%しか使っていません。

この家を建てるなら建ぺい率、容積率が同条件の場合、60平米の土地で十分建てることが可能です。

となると40平米無駄なわけです。

100平米で2000万円の土地だと800万円が無駄になります。

まぁ、庭を広く取りたいとか何か理由が無いとこんな無駄に土地を買うことはないと思いますけどねw

まとめ

  • 土地は高い
  • 建ぺい率と容積率は重要

しっかりと確認して無駄の無いように!

と言っても100%完璧な土地は中々見つからないんですけどねw

-土地選び

Copyright© 1000万円台だけど高性能な無駄の少ない家 , 2017 AllRights Reserved.